10年以上経った建物には、劣化や腐食など様々な不具合がでてくるものです。そのためにマンションなどでは戸建てと違ってマンションの住人全員が必ず納めなければならない大規模修繕費用があります。普通はマンションの管理費と一緒に支払うようになっています。この修繕積立金を使って大規模修繕工事を行う事になるのですが、その際の施工業者の選定はとても大切な作業になってきます。マンションでは普通住人からなる理事会に加えて、マンションを管理している管理組合が存在します。この管理組合である管理会社が理事会で話し合って施工業者を決めることが多いようです。このとき住民の同意が必要になることが一般的です。そして承認されれば施工業者が決まります。今では色々な業者がいますが、なるべく多くの工事を手がけた経験のある安心して任せられる業者を選びましょう。

大規模修繕工事のアフターサービスはあるのか?

リフォームやリノベーションが流行っているようですが、マンションで行われる大規模修繕工事が行われた後も気分一新で清々しい気分になる人も多いのではないでしょうか。単に外壁を塗装しなおしただけでもマンションのような大きな建物にもなると、その美観は大きく変わるものです。全て滞りなく済み、施工業者の仕事は完了、ということになるのかもしれませんが、もしかするとどこかにちょっとした不具合が起こってくることも無いとは言い切れません。たとえばシーリング材が剥がれてきて漏水が起こってしまうなどといったミスは多く聞くものです。そうした場合、施工業者にどういう対応を求められるでしょうか?ちゃんとした業者ならば事前にアフターサービスやアフターケアを行うと銘打っているようです。なので、そういう事態が起きた場合も考えてアフターサービスがしっかりしている業者選びをしたいものです。

大規模修繕工事で使われるシーリング材とは?

大きな建物になればなるほど、その全体が全て同じ材料からできているとは限りません。たとえばマンションでは鉄やセラミックなど場所によってふさわしい資材が使われるのが普通です。マンションで一番傷むのが早いのは水分の劣化による箇所だと思います。たとえば水分による酸化や錆の問題は各家庭一ヶ所はあるようです。窓周りも劣化が早い箇所ですが、ここには普通の部分と少し違う素材であるシーリング材というゴムのようなものが塗られています。これは建物内部への水の侵入を防ぐ役目があり、漏水を防ぎます。マンションの大規模修繕工事の際にもこのシーリング材を塗り直すという作業が行われることが多いです。これはシンナーのような匂いがすることもあり、人によっては気分が悪くなったり、触れた事でアレルギーを起こす可能性もあるようです。乾けば問題ないものなので、その期間の取り扱いに注意すれば問題ありません。